teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


次は君たちの出番

 投稿者:頑張れ鎌学メール  投稿日:2018年 5月23日(水)17時49分45秒
  関東大会も終わりこれから2ヶ月あまり各校
選手権大会に向けて調整が始まるでしょう。
鎌学は2大会ベスト4という立派な成績を残し
選手権大会に臨むわけですが、ここでまた
ベスト4まで勝ち上がれれば実力も本物と見ていいのではないでしょうか。しかし鎌学ファンはベスト4では満足しないでしょう!
順当勝ちしてベスト4ですから最後の2試合に
全力集中して優勝を勝ち取って下さい。
今年はビッグチャンスだと思います。
3大会連続ベスト4ならば野球少年たちの
鎌学で野球をやりたい!と素質のある
部員獲得へも貢献してこれからの強い鎌学
誕生となることを祈ってます。
頑張れ鎌学!
 
 

海の王子

 投稿者:鎌倉男子  投稿日:2018年 5月15日(火)09時19分14秒
  話題の「湘南江の島海の王子」に今年卒業した野球部OBの鈴木君が選ばれてますね。
多方面での活躍うれしいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000012-asahi-soci
 

鎌学野球部は元気の素

 投稿者:鎌学野球部万歳  投稿日:2018年 5月10日(木)01時04分44秒
  鎌学の野球部の最強の時代の昭和37年から40年代の初頭にかけて高校生の諸氏は早や70歳を超えている方々と存じます。掲示板によると杖をつき、杖を使わないまでも、足をかばいながら鎌学野球部の応援に馳せ参じているご老人もいるようです。

私も70歳をゆうに超えた老人の一人です。現在、東南アジアで英語と現地語で仕事をしています。元気で仕事ができるのは、掲示板を通し、鎌学野球部の活動振りが私に元気を与えてくれるのです。英語は野球部監督の福沢先生から叩き込まれた鎌学の学びが今でも役に立っています。目標は、鎌学野球部から元気をもらい90歳を過ぎてもリタイアーすることなく現役で良い仕事を残すことです。

私と同世代の皆様、野球部の若い生徒達から青春の血をもらい若返ろうではありませんか。
 

思い出

 投稿者:昔からの鎌学ファンメール  投稿日:2018年 5月 6日(日)10時50分59秒
  さて、夏の甲子園をめざして頑張ってもらうのは当然として、ちょっと気持的には一休みして思い出を書いてみました。

あの最強時代。1年から3年までの間、野球部の人とは3人同級生でした。一人は当時の4番打者。同級生ながら体も大きく確か胸毛も生えておじさんのようででした。記憶に残るのはどうして鎌学にきたの? と聞いたか、誰かが聞いたまた聞きだったか今となってははっきりしませんが、鎌学と法政二高から誘いがあったようです。彼の話として、鎌学は自分の大好きなドラ焼きが手土産だったので鎌学に決めたそうです。食い気に負けたのかな。そんな彼も何戦か定かではなかったけれど(あの横浜戦だったような気がします)大事試合に腹を壊して欠場。もしかしたら代打で出たかもしれません。クラスメートから「しまらねぇなぁ」と言われて苦笑いしてた記憶があります。数回ですがで体育の授業でソフトボールをやりました。私は一塁を守ったのですが本職の彼のショートからの送球が緩く投げているのでしょうが、とてつもなく速い球で素手の私は怖いくらいでした。建長寺の裏山のグランドでのソフトボールですが、先生は球がなくなるからお前は左で打つように始まる前に指示したのを覚えています。

もう一人の野球部員は二塁手ですが、ほかの人も二塁を守った記憶があるので多分交互に使われていたのでしょう。地味で寡黙な人でした。派手さはなかったけれど縁の下の力持ち的な2番打者だったように記憶しています。後年、新聞で神奈川県のある市の野球部の家督として彼の名前を見たときその人柄や真面目さを思い出して、これはぴったりだと思うとともに懐かしい気持ちになりました。

最後の一人は1年の時の同級生です。通路を挟んで隣の席でした。いつも休み時間には練習で使ったボールの糸を繕っていました。努力はグランドたけではないのですね。今でもボールの糸を塗ったりしているのでしょうか。そんな彼も最後までレギュラーにはなれなかったようですが練習試合でヒットを打ったといって喜んで報告してくれました。私も一緒に喜んだ記憶があります。卒業まで公式戦に出ることなく終わったようですが、あのボール縫いは彼のその後に何かいい影響をおよぼしているのではと思います。きっと立派な人生を送っていると確信しています。

懐かしい同級生たちも野球部OBとして後輩の応援をしていると思います。今の選手の皆さん。多くの人が応援しています。野球も勉強も一生懸命頑張ってください。どういう立場、結果となろうがこれからの人生に大きく影響するはずです。野球学校と言われないように、勉強もしながら、今ある目標に最大の努力をしてくれればうれしいと思います。
 

thinking baseball!

 投稿者:4499  投稿日:2018年 5月 5日(土)20時43分44秒
  野球エリートのチームは勝って当たり前!だから鎌学にはそのチームを負かして甲子園に行って欲しい。神奈川の上位校は全てエリートチーム。エリートでなくてもチーム力でも勝てるということを証明して欲しい。
今年の鎌学は、竹内監督のthinking baseballをやれる技術も備えているから、ワンプレイワンプレイ考えた野球ができ、強くなっている。
あと2カ月、選手間の競争を行いながら磨きをかけ、夏大会全て勝ちきって全国のきっぷを手にしてほしい!
鎌学 thinking baseball!
 

強さの維持を

 投稿者:甲子園応援経験者  投稿日:2018年 5月 5日(土)06時50分24秒
  春の大会は横浜高校に対しては、残念でしたが、見せ場はありました。とにかく今後は春の大会で見せた強さを維持し、さらに野球戦術、野球精度を向上させ、取りこぼしがなく、野球エリート軍団の壁を打ち破っていただきたいと思います。強い願望は執念となり、適切な努力を継続けざるを得くなり目的を必ず達成できると信じるべきです。  

文武両道

 投稿者:鎌学OB  投稿日:2018年 5月 4日(金)22時42分39秒
    鎌学 強いですね~。横浜には負けてしまったけど練習試合ではTに引き分け、別のTに大勝。
昨今の過熱するスカウティングで成り立つ野球学校にはあまり魅力を感じられなくなってしまいました。選抜に出場した彦根東高校や膳所高校、春旋風を起こした金沢高校のような真の文武両道の強豪校として神奈川で君臨して頂きたいですね。
 

T高の練習試合の意味するもの

 投稿者:鎌学野球部万歳  投稿日:2018年 5月 4日(金)00時36分55秒
  T高は強豪の中でも~~を代表する常連の強豪中の強豪です。練習試合とは言え大勝利は、今後の夏の大会への自信につながるでしょう。  

春大会後の一発目の練習試合結果

 投稿者:4499  投稿日:2018年 5月 3日(木)21時34分45秒
編集済
  鎌学 14 対 4 T
毎年この時期におこなう強豪相手に、 打撃調子良く、景気良いスタート! GW中の練習試合、さらに期待大!
 

(無題)

 投稿者:タロー  投稿日:2018年 5月 3日(木)21時24分41秒
  7時間以上睡眠がとれているか?
風呂は、41度ぐらいで10分ぐらいとれているか?
食事は1口、30回くらいかめているか?
テレビは、あまり見ないでいられるか?
強豪相手にも、なんとかなるさ!と思えるか?
どうでしょうか?、あてはまりますか?
まあ、頑張って下さい!
 

諸先輩方のご意見参考になります

 投稿者:なごやん  投稿日:2018年 5月 3日(木)08時35分38秒
  諸先輩方のご意見はとても参考になります。晴渡る空、踊る海様の仰る通りだと思いました。
良い変化球を持っていたとしても相手に自信をもって見送られるようでは意味がありません。
下半身を強化してしっかりとしたコントロールを身につけて欲しいですね。
ピッチングは内外・高低・緩急。それらを駆使して投手と捕手が織り成す芸術作品です。
全投手、全捕手に期待します。

アッコちゃん様から名前の挙がった磯崎くん、相当努力したんでしょうね。
秋も内野のレギュラー背番号をもらいながら結果が出ず途中からベンチを温めるようになりました。
でも春はレギュラー復帰。それも1番打者として役割を果たしてくれました。

それから相澤くん。横浜スタジアムでは個人的にも納得いかない守備があったと思いますが、
あの試合以外は安定した守備をみせていたので自信を持ってくださいね。
あと、マウンドの後輩投手に声をかけるシーンは良かったです。
あの展開では気持ちが切れても仕方がない所ですが、できる事をやっていると思いました。
実は、私は個人的に相澤君にとても期待をしています。相澤君を初めて観たのは昨夏の横浜創学館戦でした。
その時、芯を喰った時の打球の飛距離が半端なかった。大ファールだったんですが(^_^;)
これは楽しみなバッターだなぁと思ったのを今も思い出します。
その後も相澤君の半端ない飛距離の打球は何度も目にしています。ただ、全てが大ファールなんですよね(^_^;)
これがインフィールドに飛んでくれたらと思わずにはいられません。
打つポイントだけだと思うので自分のバッティングを見つめ直していただければと思います。
2番~5番は安定しているので、相澤君次第で鎌学の得点力はまだまだ上がりますよ。

最後に、西畑くん。
夏は自分がという気持ちも強いのではないでしょうか。
選手内競争の激化はチーム力をあげます。遠藤くんとのレベルの高いレギュラー争いを期待します。
 

頑張れ鎌学!

 投稿者:アッコちゃん  投稿日:2018年 5月 2日(水)21時12分18秒
  私も晴れ渡る空、踊る海さんにほぼ同感です。
サードを元々内野手だった磯崎くん、左バッターが少ないだけに外野に作野くんを置くのも面白いと思います。
秋活躍してた西山くんも復活してくるでしょうし。
ただ、1番いいのは、相澤くんのこれからの奮起に期待したい。
左ピッチャーが2枚いる次の代も中々面白そうですね。
夏までもう少し!頑張れ鎌学!
 

悲願へ

 投稿者:晴渡る空、踊る海  投稿日:2018年 5月 2日(水)16時47分40秒
  コールド負けから時間を置いて冷静に投稿しています。あえて厳しい意見もあります。
(投手)
大浦君は球速こそ140km出ていましたが横浜打線にまったく通用しない。もっと緩急、変化球の精度を上げないときつい。
変化球だけで1試合投げ切る紅白戦とか昔はしましたが、今はやらないですかね。
夏は小島、新倉、大浦の3本柱を期待していましたが現時点で大浦君には重要な試合は任せられない。
(守備)
相澤君は緊張してしまうタイプですかね。守備がオタオタしています。あの守備力では怖くて試合で使えないレベル。
相澤君の奮起を期待するが竹村君や赤塚君も含め、サードは守備力優先でレギュラーを決めてほしい。
徳田君もフライの追い方見てればわかるが内野フライが得意でない。ゴロ捌きは安定している。
逆に松丸君は落下点への入り方がとても上手いので話を聞いてみて練習してみてはどうでしょうか?
(打線)
打線は2回表で試合が決まってしまって何とも言えないが、作野君が打者で夏に向けて使えそうなのが好材料。
ファースト作野君、サード中野君でいければ、より強力打線となりそうです。
(横浜高校)
「流石」という他ない。横浜高校に相当研究されていました。
例えば外野の守備位置、新倉君は右中間、松丸君、中野君はレフトフェンス際。
横浜高校があそこまで下がった守備をしているのをあまり見ない。
しかも実際、その通りにアウトになっていたりするから凄い。
9番打者以外全て右打者の鎌学打線にスライダー投手の右腕、黒須君が相性悪いと見てぶつけてきた。
実際、相性悪そう。

敢えて辛口で投稿させて頂きましたが、それを覆すような夏を期待します。
今年のチームは地力がある、自信を持って良い。本番まであと少し!
悲願の頂点目指して、怪我のないよう頑張って下さい。
 

フットボールも頑張れ!

 投稿者:頑張れ鎌学メール  投稿日:2018年 5月 2日(水)11時42分29秒
  今年は野球部も強いですが、アメリカンフットボールも5月6日に県大会の決勝に進出したんですね!今年は鎌学スポーツイヤーとなって
クラブ同士で体力作りに頑張って下さい。
これらのクラブ以外にもマラソンなども強いんですよね!これまで野球部だけに夢中になってましたが、これからは鎌学のスポーツクラブ
を応援したいと思います。アメリカンフットボール部もコーチの方のおかげですと書かれていました。野球部も負けずに鍛えてください。
多分夏のレギュラーはまた変わっているでしょう。怪我をせず大会に合わせて調整してください。頑張れ鎌学!
 

夏季大会

 投稿者:プッチメール  投稿日:2018年 5月 1日(火)19時01分31秒
  とにかく夏に向けて練習にシャカリキになってください。横浜球場あたりでビビっているようでは甲子園は程遠いので気合いを入れて練習してください。頑張れ!鎌学!  

(無題)

 投稿者:タロー  投稿日:2018年 4月30日(月)21時49分34秒
  春季大会も終わり今大会の印象に残った好投手は、横浜高校の板川君、及川君、黒須君、日大藤沢の武富、新村君、藤嶺藤沢の矢澤君など(他にもいるが見てない)それぞれ球が、速かったり、変化球がすばらしかつたり、打つのが難しそうだ。
特長を、つかんで、疑似投手をたてるなり、対応を考えたほうがよいと思います。
球種ごとに、打てるまで。織り交ぜて投げてもらったり、緩急をつけてもらったり。
 

日々精進・鎌学その愛

 投稿者:鎌学ばんざい  投稿日:2018年 4月30日(月)19時36分15秒
  たくさんの鎌学ファン、関係者の熱い熱いご意見、ご感想、夏への応援メッセージを拝見しました。皆さんの想いが、とても強く伝わってきました。

私個人の感想は試合経過や個人のことは言いません。ただただ試合中に校歌が歌えなかったこと、7回の応援ウェーブができなかったこと、勝利して鎌学万歳ができなかったことが残念の一言です。

各氏が夏に向けて建設的な意見や野球部関係者やOBの方々、野球経験者としてのコメントはこれからの練習内容など貴重なアドバイスです。ファンとしてのメッセージは願いそのものです。

5,6、7月と練習試合を通して数々の試合経験を積みながら個人の課題の克服、チーム力のアップ、仲間との絆、レギラー争い、練習内容の再確認、打撃・守備の再構築とやるべきことは山ほどあります。

第一シード校として相手チームも必死にチャレンジしてきます。夏までの限られた期間は課題目標強化月間と銘打って日々精進してください。

野球が全てではない。文武両道。君たちにはやるべきことがある。
その中で3年生が頑張るのは高校野球という一度しかない鎌学野球とともに頑張る青春の日々だ。

『夢語り  野球一筋  光る汗』

『鎌学の  思いはひとつ  勝利のみ』

『星月夜  鎌倉武士の  心意気』

『白球を  打って追いかけ  青春だ』

『チャンスだぞ  今年の夏は  優勝だ』

以上を持ちまして7月にまたお会いしましょう。掲示板の書き込み、管理人さん、ありがとうございました。

強くなった鎌学野球部に会えることを夢見て・・・・・・。
 

あと3ヶ月

 投稿者:こじろう  投稿日:2018年 4月30日(月)00時59分54秒
  関係者の方々、春季大会お疲れさまでした。

春季大会は横浜高校が優勝して、夏の南神奈川決勝戦は7月28日となりました。

その横浜高校と夏に対戦する可能性があるのは横浜スタジアムでの決勝戦だけです。

今の主力選手達が出場し始めてから、悔しい敗戦もありました。1年前は藤沢西高校に平塚で大差で敗れました。しかしこの1年で鎌学はここまで強くなりました。

この1年の成長を見させていただいたからこそ、私は7月28日に選手たちが勝利することを信じています。

この夏、声の限り応援します。
 

雑感

 投稿者:いざ鎌倉  投稿日:2018年 4月30日(月)00時15分52秒
  夏に向けて、気づいた点をいくつか。
1 投手は変化球でストライクを取れるよう、打者は変化球をフルスイングで打てるよう改善要。
2 浜スタ(人工芝)の守備位置は土のグラウンドと一緒ではダメ。相手チームの位置どりも参考に。
3 シートノックの打球の速度は相手チームの打撃力も考えて。横浜のシートノックの打球の速度は無茶苦茶速かった。
細かい改善でも、やるのとやらないのとでは全然違います。
夏の本番では、成長した君たちの姿を見せて下さい…頑張れ鎌学野球部。
 

(無題)

 投稿者:昔からの鎌学ファンメール  投稿日:2018年 4月29日(日)23時24分29秒
編集済
  専門的な感想はできませんが素人として感じたことを述べてみたいと思います。まずは一回の二盗での三進を許したことから浮き足立たような気がします。エラーの連鎖反応。よくある例ですね。シートノックを見る限り横浜高と遜色はないのですが、生きた球になるとそうはいかないのですね。どんな時でも平常心を保つ訓練が必要ですね。昔のことばかり言って恐縮ですが、半沢投手いた時のあの横浜高校戦。太陽安打のあの悔しい試合ですが、太陽安打だけでは負けなかったかもしれません。問題はそのあとの右翼手の焦って投げた大暴投にあります。あれで走者一掃の逆転。とにかく焦りは禁物。
 打者も消極的で力強さが感じられませんでした。見送りが多くベンチばかり気にしているように見えていました。ランナーがいないときはベンチを気にする必要はないのでは?いい球が来たら積極的に。誰が何と言おうが俺がやってやるという気持ちが大事なのではないでしょうか。そして やはり夏の第一シードで満足したのでしょうか。
 試合前全選手の出身中学の紹介がありました。各県から選手を集めた横浜高に対して、わが鎌学は身近な中学ばかり。そんなアナウンスをきいてシートノックを見ていたら横浜高に引けを取らないシートノックを受ける鎌学に誇りさえ感じました。そのような技量があるのですから、相手に臆する気持ちを持つことなく、大観衆にも緊張することなく平常心を持ち続ける心を養って夏に臨んでください。今回はコールド負けですが前回はコールド勝ちです。臆する必要は全くありません。再三いうように私たちの時代は名前負けする相手はいませんでした。横浜高が名門なら君たちも名門です。これで互角という気持ちをもってどんな時でも平常心を忘れない気持ちをみんなが持てば結果は必ずついてきます。今回のベスト4は立派でした。あと一歩でもっと立派になれます。がんばれ
 

秋春夏

 投稿者:甘柿八朔  投稿日:2018年 4月29日(日)21時05分57秒
  準決勝に臨んだこと自体が収穫でしたね。何せ相手は投手のカードを1枚切ってきましたから。秋の事がプレッシャーになって、春に使わざるを得なくなりました。夏に起用すればそれで良いのに。カードは何枚もあるでしょうけど、こちらには作戦という知恵が沢山あります。かつてW元監督さんが、鎌倉学園は作戦の引出しが沢山有って一番嫌な相手と仰っていました。 夏に向かってもうひと踏ん張り、そして甲子園球場へGO!!  

優勝決まりましたね

 投稿者:頑張れ鎌学メール  投稿日:2018年 4月29日(日)20時49分15秒
  横浜高校が優勝して春季県大会が終了しましたね。昨年秋鎌学は横浜高校にコールド勝ちして
一冬越しよく立て直して優勝へと駒を進めました。試合を見ていると素晴らしく鍛え上げられた選手が多いことに驚きます。ですから鎌学野球部も鍛え方一つで化けることはいつでも可能であると思います。しかし置かれている環境が
違うのも事実ですので、一工夫必要かもしれません。でも今のチームからしてそう遠いことではないと思います。後輩に伝統を伝えてください。また野球少年たちが鎌学で野球をしたいと
思える実績を残してください。そうすれば
スカウトなどしなくても優秀な人材は自然と集まるのではないでしょうか。これから夏に向かって頑張れ鎌学!
 

あらあら

 投稿者:ファン  投稿日:2018年 4月29日(日)10時04分33秒
  横浜スタジアム迄行きました。
久し振りに内野席のグランドに近いところから
観戦出来ました。

大浦君お疲れ様でした。
もっともっと緩急つければ、と思いました。
相手投手と球速では負けてないけど
相手は緩急のつけかたが半端ではなく
制球が素晴らしく見逃し三振が目立ちました。

9点取られた回がなければ
試合後半で違った展開になっていたかも
しれませんね。
5回にチャンスも作れたし。

海風が強かったです。試合後、球場外を歩いても
帽子を飛ばされそうになりました。
シートノック時も相手校のキャッチャーが
フライを取れず恥ずかしそうにしてました。
内野手の守備位置は、もう少し後ろで良かった?
内野を抜けていくヒット
人工芝で球足が速かった印象です。

鎌学は全国レベルの学校との練習試合を
もっと増やしてもらえれば強くなるんでしょね。
ちょっと良い投手だとまるで打てません。
今日のレベルに勝たないと
甲子園は行けませんからね。
 

敗れて目覚めるが最上の道

 投稿者:新幹線で応援するOB  投稿日:2018年 4月29日(日)09時51分26秒
  後輩の皆さん、指導者の方々、ご父兄の方々、在校生の皆さん。今日もよく頑張ってくれてありがとう。硬式野球部OBとしていつも感謝してます。試合内容のことは特に申しません。勝負ですからどちらかが勝ち、どちらかが負ける。これは自然の摂理です。敗れて隆盛した国家は数多あります。一方で常に隆盛している国家はまずありません。歴史が物語ってる。敗れて目覚める。皆さんはどうですか。私は県立高校を落ちて鎌学に入学しました。その時、自分が落ちた理由が漸く分かりました。大学進学は高校受験の失敗を教訓にした憶えがあります。野球部を続けている以上、勉強する時間は限られているので、授業中は集中、行き帰りの電車の中で、必ず参考書を読みこなす。高校受験で失敗した時間の使い方を工夫したんです。この工夫は今のビジネスにも活かされてます。今日の敗戦で皆さんならば、何が足りなく、何がいけなかったことはもう気づいてますよね。敗れて目覚める。つまづいたっていいじゃないか。また立ち上がれば。人生ってそんなものなのかもしれません。でもね、絶対に負けられない時があります。ここ一番で必勝でなければならない戦いが時ににもあるんです。今年のチームは近年稀に見る力のあるチームです。南北開催で甲子園に行けるチャンスが2倍です。夏は君たちは絶対に負けられない大会です。このビックチャンスを生かすも殺すも君達次第です。強い気持ちを持ち、最後まで望みを捨てなかったもののみ道は開くのです。私達の代では果たせなかった鎌倉学園甲子園の道。ぜひとも君達でこじ開けてください。私達OBはいつも貴方達と共にあります。  

ど素人の観戦記

 投稿者:頑張れ鎌学メール  投稿日:2018年 4月29日(日)09時03分25秒
  今年の春季大会を地区予選から楽しませていただきました。2季連続ベスト4はここ数十年
達成したことのない素晴らしい成績と思いますが、昨日は残念な結果となってしまいました。
昨日までの試合内容を素人ながら総括して見ますと、地区予選で藤嶺藤沢にコールド負け
したように本当の実力はたいへん失礼かと思いますがいろいろなことに助けられた運もあるのではないでしょうか。例えばいい山に入れたなどですね。コールド勝ちしたけれど最後に大量点を与えてしまった試合などは余裕があって
選手の調子を見ていたのかと思いましたが
!先取点を簡単に与えてしまう。打撃力が
あるので乗り切りましたが、もう少し慎重に試合に臨んで欲しかったです。そして最後に
横浜戦でしたので、何も通用しない結果となったのでしょう。思わぬエラーが多数、これまでの試合では考えられないエラーでした。
疲れもあったでしょうが対戦校も疲れています。金沢戦の前の第1試合で横浜戦を観戦しましたが、昨日の試合の方が横浜ナインは
のびのび試合に臨んでいました。
でもほんとうにベスト4をとれて良かったと
思います。トーナメント戦はどこの山にいくかが勝敗に影響することがよく分かりました
素人の観戦記で間違ったこともあると思いますが、夏には一回りももっと大きくなって
最低でもベスト4を確保できるよう頑張って下さい。何しろ湘南地区では全試合ノーエラー
コールド勝ちでないと県大会上位には通用しないことを考えて。頑張れ鎌学!

 

前向きに

 投稿者:全力投球  投稿日:2018年 4月29日(日)07時59分43秒
  二期連続ベスト4、普通に考えればとても立派です。
ただ、甲子園を目指す我々にしてはこれで「よし」としてはいけません。しかも、0ー12
不安というか心配になります。
でも、冷静に振り返りましょう。他の掲示板やみなさんが言われているように、スタジアムでの経験の差があったと思います。あと、準決勝特有の雰囲気とか横浜さんは甲子園を昨夏経験をしているので、これも横浜さんが有利だったと思います。
また、ちょっと我々鎌学ファンが騒ぎすぎたのかとも思います。やはり、周りの期待が大きいと選手や監督さんたちもかなりのプレッシャーを感じてしまうでしょう。
昨日の敗戦でみんなが冷静になり、すべてを反省し、敗因を分析し、前を向いて夏の甲子園を目指して行きましょう。
0ー12  5回コールドというほどの力の差があるとは思えません。逆に言えば、対金沢戦についても同じこと。初回の相手の2つのエラーがなければ試合は分からなかったと思います。野球は精神面ゃ流れ、勢い大きく左右します。
プロ野球も同じこと。今年強い西武だって負けるのです。
この準決勝敗退を前向きにとらえて、悲願の甲子園出場を果たしましょう。
 

(無題)

 投稿者:タロー  投稿日:2018年 4月29日(日)07時58分47秒
  初回1,2番で、出塁して、3、4、5番でかえすことが理想だと思います。
1、2、3番は、球種やコースを後のバッターに伝えれば良いと思います。
1、2番は、狙い球意外のくさい球は、カットして、ストライクを取りにきた球をミート中心で最低でもいい当たりを、アウトになったとしても相手が脅威を 感じるようにすれば良いと思います。
ファイト鎌学!
 

闘志あるのみ

 投稿者:鎌学ばんざい  投稿日:2018年 4月29日(日)05時51分59秒
  鎌学頑張れ

練習あるのみ

努力あるのみ

前進あるのみ

文武両道あるのみ

礼儀廉恥あるのみ
 

甲子園、行くんだろ!

 投稿者:なごやん  投稿日:2018年 4月28日(土)18時02分59秒
  選手の皆さん、竹内監督、多々納部長、その他関係者の皆様、お疲れ様でした。
被安打13、エラー4、その他記録に残らなかったミス多数!惨敗でした。
私の予想は外れ、点は取られるいっぽうでした。

春の公式戦も終わりましたので観戦した感想を率直に述べさせていただきます。
一番感じた事は横浜スタジアムでの経験値の差をものすごく感じました。
特に内野守備ですね。それも守る位置。打球の速さも計算にいれてるのでしょうが、
若干深めに守備位置をとる横浜に対して、鎌学は通常の守備位置でしたね。
そこを突かれてゴロで抜かれた安打もかなりあったと思います。
松丸くんは試合途中から守備位置を若干深めに変えたように感じましたが、
自分で気づいたなら大したものです。
それと、内野フライの対処にも差がありました。
横浜スタジアム内の風に対処しきれませんでしたね。
次に感じた事は、鎌学の打者は基本初球からは手を出さない。
これは横浜戦に限った事ではありませんし、ケースバイケースもあるんでしょうが、
そこをうまくつかれて投手有利のカウントを作られ、黒須くんに打ち取られていたと思います。

ただ惨敗の中にも光明はありました。
一つは横浜スタジアムを経験できた事。これは勝ち進まなければ絶対手に入らない経験です。
本当はもう一試合経験して欲しかったですが、この経験は夏に生かして欲しいと思います。
もう一つは本多くんの好投。これは見事でしたね。
今後も自分のピッチングに磨きをかけてもらいたいと思います。
あと、応援は良かったですね。駆けつけてくれた在校生も多くて感動しました。
夏は毎試合この応援を選手に届けて欲しいと思います。

私は采配については何も言うことはありません。竹内監督を信頼しているので!
大浦くんの事は心配ですね。結果的に2回持たずのKO。
今日の試合では横浜に全く通用しませんでした。
打たれたのはバッテリーの問題だと思いますので、
全投手&全捕手で試合を振り返り、原因分析をしてもらいたいと思います。
大浦くん、落ち込んでる暇はないよ。夏はリベンジだよ。

それにしても横浜高校はやはり横浜高校ですね。すっごく強い。
横浜を強くしたのは秋大でのコールド負け!
秋大で負けた横浜の選手が鎌学の試合を観戦していたのを思い出します。
これは選手全員に言いたいのですが、みんなは甲子園、行くんだよね。
今日の試合を観た南神奈川大会のライバル、特に鎌学と戦っていない強豪校は
鎌学戦い易しと思ったかもしれません。そして横浜高校も高い壁となって戻ってきました。
夏の甲子園の椅子は一つしかありません。でも、リベンジの夏にはまだ3ヶ月もあります。
横浜の選手にできて、みんなにできないはずはないと信じています。
悔いを残す事がないよう3ヶ月を過ごしてください。

最後に、みんなは満足してないと思いますが、秋大に続き春大もベスト4おめでとう。
夏は優勝して歓喜の涙を流してください。
 

(無題)

 投稿者:タロー  投稿日:2018年 4月28日(土)17時45分9秒
  横浜高校戦お疲れ様でした。
大浦君打たれてんのに、長く投げさせたのは、打たれたときの対応のし方や、多くの強打者と対戦させたかつたのでしょう。
打たれた球種やコースは、覚えていた方が良いと思いますが、打たれたことを、くよくよしないほうがよいと思います。
夏の大会では大車輪の働きをしてもらおうと監督さんは思っているのではないでしょうか!
明日から再スタートだ!
黒須君みたいな投手は、全国の横浜高校クラスの高
校と練習試合組まなければ、対応出来ないと思います。
頑張れ鎌学、ケガしないように猛練習を、期待します。
 

レンタル掲示板
/148